巣立ち No.1 Since1972


 

巣立ちNo.1とは

紹 介

あゆみ

予定表

巣立ちしんぶん 号外・78号    

みなさんから

つぶやき

行ってきたよ・見てきたよ

やさい畑

ヒグラシの 時雨れて老々 介護の日

忠やんコーナー

うたごえ旅日記 69号    

言葉か音楽かどちらが先か?

忠やんのちょっといい話 

映画サークル

巣立ちNo.1

私の映画評論 

京都映画サークル協議会

 

歴史の動き

 

 

 

リンク

日本うたごえ全国協議会

うたごえ新聞

京都うたごえ協議会

荒木 栄


 

現在の閲覧者数:  


第41回

 上北なかままつり 府民音楽会への推薦決定!

   2017年6月25日(日)京都北文化会館 ホール

今年の参加は20団体、9月2日、3日の京都府民音楽会への推薦は5団体。巣立ちNO.1は見事?推薦されました。おめでとう!

4人の講評委員のみなさんの講評結果が楽しみです。 ※うたのタイトルをクリックすると聞くことができます。講評結果が入り次第、お知らせします。

 

 

 

 

 

こどもを守るうた

ひとつぶの涙

全体を通して

 

 


共謀罪法は廃止に 新たなたたかいを起こそう!

 

京都地方労働組合総評議会 議長 梶川 憲氏の声明をご紹介いたします。

 

【 声 明 】

共謀罪採決強行に怒りを込めて抗議する

 

「テロ等組織犯罪規制法案」=共謀罪法案は、本日6月15日朝、参院法務委員会審議が途中にもかかわらず、政権与党が参院本会議へ審議の場を移すことを強行し「中間報告」で採決を強行し、自民党・公明党・日本維新の会の数の力で強行可決させた。これら前代未聞の暴挙が、共謀罪の危険性の本質である。

民主主義の根幹に関わる法案を、審議を途中で打ち切って、数の力で押し通したことは、断じて認められない。満身の怒りを込めて抗議する。

この間の審議を通じて、法案の名称がいかに「テロ対策」をうたっても、理由にしていた国際条約批准の条件ではないことや、現行のテロ対策で法的には十分対処できることなどが浮かび上がり、「テロ対策」が口実に過ぎないことが明らかになった。加えて、国連特別報告者が人権侵害の恐れを指摘するなど、共謀罪法案が、国際的基準にも背を向けるものであることがハッキリした。

同時に、法案が、一般市民や団体をねらって、その活動を日常的に監視し、少しでも時の政府や権力に意見を持つことを、取り締まるものであることが浮き彫りとなり、それは内心の自由まで侵す憲法違反の法律であることが明らかになった。こうなれば、我々労働運動はもとより、あらゆる市民、住民活動などが監視下に置かれる、一億総監視社会が狙われている。

一方で、自らの矛盾と世論に追いつめられているのは政権の側である。戦争法を強行し、改憲を打ち出した安倍政権だが、国民の世論と運動を前に、南スーダンPKOの自衛隊は撤退となり、憲法九条を守れの声は高まっている。共謀罪を強行することに対しても、世論の7割を超える反対だった。暴走政治の裏で、安倍首相が森友学園問題や加計学園問題など、政治の私物化の徹底究明を求める声は圧倒的であり、今回の採決強行の暴挙が、これら世論に迫られた結果であることは明らかである。

 監視社会どころか、私たち一人ひとりが安倍政権を監視し、国民を抑圧する道具をつかうことを許さないたたかいをいっそう強めよう。

憲法を否定し、国民の権利、民主主義を圧殺し、労働者国民が声を上げることを敵視する政権を、1日も早く終わらせるために、多くの市民の皆さんといっそう力を合わせるものである。

 

2017年6月15日      

京都地方労働組合総評議会

 議長 梶川 憲



2017日本のうたごえ祭典 in いしかわ・北陸へ

働く仲間 労働者の舞台で歌おう

6月8日(木) 午後7時~ 西陣文化センター 中会議室

  レッスン曲 「人間として労働者として」「もしもあなたに出逢えてなかったら」

  レッスンのあと、職場プロジェクトの会議も行いますのでご参加ください!


今年の収穫祭は7/24(月)

*画像はすべて去年のものです。まだここまでは・・・


 


2017.05.23  共謀罪は、本日衆院本会議で、与党と維新の会の賛成で採決が強行されました。

<抗議と廃案をめざす声明>
 
共謀罪衆院強行に抗議する。
国民の声を封じる違憲法案は、参院で必ず廃案に!

 
 「テロ等組織犯罪準備罪(組織犯罪処罰法改正案)」= 共謀罪法案は、本日5月23日、「審議は途中であり、採決は無効、委員会へさし戻せ」の声が渦巻く中、自民党・公明党・維新の各党は、数の力で衆院本会議で採決を強行した。民主主義の根幹に関わる法案を、まともな答弁も審議もないまま、数の力で押し通すことは、断じて認めるわけにはいかない。満身の怒りを込めて抗議する。

 この間の審議を通じて、共謀罪創設が、政府が理由にしていた国際組織犯罪防止条約批准の条件ではないこと、現行のテロ対策で、法的には十分であることなどが浮かび上がり、「テロ対策」が共謀罪創設の口実に過ぎないことが明らかになった。

 同時に、法案が、一般市民や団体をねらって、その活動を日常的に監視し、少しでも時の政府や権力に意見を持つことを、取り締まるものであるという重大な正体が浮きぼりとなり、国連が公開書簡で「政府法案はプライバシーの権利や表現の自由などを不当に制約するおそれがある」と指摘するに至っている。まさに内心の自由まで侵す憲法違反の法案であることが明らかになった。

 この法案が通れば、労働運動はもとより、あらゆる市民、住民活動などが監視下に置かれ、一億総監視社会となることは明らかであり、国民の内心の自由を奪う危険な法案であり、廃案しかない。

 改憲を打ち出した安倍政権が、トランプ米政権とともに「戦争する国」をねらい、命と暮らしをないがしろにする政治をすすめている。この安倍政権が、共謀罪で国民を抑圧する道具を手にすることを許してはならない。そして、安倍政権が暴走政治の裏で、森友学園問題や加計学園問題など、政治を私物化していたことが明らかとなった。この政治腐敗こそ、徹底糾明すべきである。

 法案の危険な姿と、政府の嘘が明らかになり、反対の世論が高まっている。いまこそ声をあげ、共謀罪法案を参院で廃案にするために、全力をあげよう。 
                                                                                                     2017年5月23日


「共謀罪」自公維の強行採決に満身の怒りを込めて抗議する!2017.05.19 


「サム・トゥッ・ソリ」京都・滋賀公演 決定!!

11/16(木)京都テルサ

11/18(土)びわ湖ホール(中)

 

京都音楽センター主催「サム・トゥッ・ソリ京都の会」

5/27(土)京都公演のプレ企画

(中京いきいき市民活動センター)

  2017年11月16日(木)京都テルサホールにて公演が決定!!
  この公演を成功させるために韓国の情勢を知り、韓国の歌に親しむ会が計画されています。
  11月の本番では、来日メンバーと-緒に数曲ステージで歌う計画もあります。
  プレ企画に参加しましょう!

プレ企画第1弾
  2017年5月27日(土)午後7時~9時(6時半開場)
  会場:京都市中京いきいき市民活動センター
  参加費:500円(資料代)

第1部=「いま、韓国で起きていること…市民が情勢を動かしている」
  河かおる(滋賀県立大学准教授・朝鮮近代史)さんのお話し
  映像を交えてのわかりやすいお話しに学びます。
  日本のマスメディアで報道されない動きも含め、リアルでホットなお話しをお聞きください!

第2部=韓国の「民衆歌謡」を歌おう
  朴大統領を失脚に追い込んだ韓国民衆の歌
  「真実は沈まない」「並んで歩かなくても」「朝露」などを一緒に歌いましよう。


すべての争議の早期解決を! 安心して働き続けられる職場を!

 働く仲間のうた広場

   2017年4月29日(土・祝)午後1時~ ひと・まち交流館大会議室

今年の参加は17団体、9月2日、3日の京都府民音楽祭への推薦は5団体、準推薦は3団体が選ばれました。巣立ちNO.1は残念ながら推薦を逃しましたが、うたう会では元気に交流しました。

4人の講評委員のみなさんの講評結果は次の通りです。

 

 

 

 

 

こどもを守るうた

 前半、パートで分かれて歌っていると何となく自信のなさ?が・・・、男女一緒に歌うことで急に力強くのびやかさが出てきましたね。戦争反対!~特に!!

 男声、もっと力強く歌ってほしい。女声(のワルツ)リズムに乗って平和の気持ちで。混声、荒いですが良く伝わりました。

 男声は力強く、女声は優しさに満ちてとても良かったです。

ハーモニー↑ タテ→ 指揮者なし。もったいない。 闘う決意あふれる唄声↑

ひとつぶの涙

 時々ことばがバラバラとなるのがおしかったけれど、ひとつひとつの言葉に思いが込められて届いたと思います。

 一つ一つの言葉に気持ちが込められ伝わってきました。

 戦争反対!の想いがとてもよく伝わってきました。

ハーモニー↑

全体を通して

 男女一緒になると人数が多いだけでなく何だか元気になって歌っているのが

 

 労働者の歌とアコーディオンは本当によく合いますね!

 


巣立ちNO.1 今年の課題曲

 練習の模様をレコーディングしました。(2017.02.02)

「こどもを守るうた」 作詞:上野博子 作曲:荒木 栄

 男性「御国の・・・」 take01    take02     女性「明るい太陽・・・」 take02     男女「国のすみずみ・・・」 take02   

「ひとつぶの涙」 作詞:笠木 透 作曲:上田 達生 take01 

 2曲通し take01   

 

 


新年あけましておめでとうございます

 政治変革の期待をはらんで、新しい年が始まりました。

 日本は今、人間らしい雇用の破壊がすすみ、非正規雇用がどんどん増え労働者は苦しめられています。社会保障が切り捨てられ消費税の重税が重くのしかかり、暮らしが破壊されています。格差と貧困が広がり、「アベノミクス」が拍車をかけています。

  昨年は、こんな状況を打開したいと願う市民と野党の連携で安倍暴走政治に立ち向かう新しい闘いが貴重な経験を生み出しました。

 新しい年を、改憲策動を打ち破り、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治への転機となる年にしていきましょう。


京都うたごえ協議会から

みなさん
 「2016日本のうたごえ祭典inえひめ」への参加、お疲れ様でした。大音楽会(働く仲間のステージ)に参加し、全国の仲間と一緒に歌うことができ、大変感動いたしました。
 さて、その感動がまだ醒めやらない11月23日に「第5回団結まつり」が行われます。
みなさんのうたごえで「団結まつり」を盛り上げましょう。

企画内容をご紹介します。

<団結まつり>
 
開催日時 2016/11/23(祝)10:30~15:00
 開催場所 六孫王神社(京都市南区)

ステージ内容(10/18団結まつり第2回実行委員会時点)
10:30  開会
10:40  京大PPM2.5(京大職組)
11:10  争議団、争議組合の訴え①
11:40  グッディ(宇城久教組バンド)
12:00  TBブルースバンド(タカラブネ争議団バンド)
12:30  号笛(演奏後、大阪へ帰られます)
12:55  全厚生合唱団
13:10  争議団、争議組合の訴え②
13:40  こまさくバンド
14:10  うたう会(京都のうたごえ)
14:40  大抽選会
14:50  閉会あいさつ
15:00  閉会

<うたう会(京都のうたごえ)の内容>
 
 曲目:「2016日本のうたごえ祭典inえひめ」大音楽会 ―働く仲間のステージ―で歌った「翼よ高く輝け」、「人間のうた」をはじめ、持ち時間30分をリクエスト曲も交え、たっぷりと歌いましょう。

 練習日:11月18日(金)争議支援行動終了後、レッスン会場 森野商店1階で行います。(柳馬場通り仏光寺下る15M位東側) 
  ①「人間のうた」 ②「翼よ高く輝け」 その他、「俺たちのシルクロード」「ノー・パサラン」
 参加できる方は連絡ください。
 また、サークルの仲間もお誘いください。
 また、11月17日(木)には巣立ちNO.1でも練習します。


2016日本のうたごえ祭典inえひめ

  ~いのち輝く未来へ 平和と希望をうたおう~

11月12日(土) 大音楽会 ―働く仲間のステージ― 並んで歩かなくても 翼をください~翼よ高く輝け 人間のうた 俺たちのシルクロード

11月13日(日) 合唱発表会・職場の部 ―巣立ちNO.1―  ノーパサラン 花を送ろう  


<速報> 第49回全国自治体のうたごえ合唱発表会 巣立ちNO.1 準推薦・特別賞を受ける!

演奏曲 ①ノーパサラン ②花をおくろう 巣立ち紹介

-講評-

講評者:増田健一さん(合唱指導者・兵庫県合唱連盟副理事長) 得点 8.3

 1曲目・2曲目 1曲目は力強く、2曲目はしっとりと歌われてよかったです。

 

講評者:たかだりゅうじさん(日本のうたごえ全国協議会常任) 得点 8.8

 1曲目:出だし、“巣立ち”のような初々しさを感じました。
         女声・・・まとまった声、気持ちが伝わりました。
           男声・・・荒っぽいが、男気の、りりしさを感じました。
           底抜けの歌いっぷりに拍手を送りたい。

 2曲目:整然とした、キゼンとした口調の演出ぶりが心深く突きささります。

 <特別賞>

 

講評者:吉井江里さん(声楽家) 得点 9.2

 1曲目:いわゆる「洗練された声楽的な声」ではないのですが、それぞれの表情、口のあけ方など、目がはなせない、そんな魅力があります。
           最初が出にくかったですね。それともそのようなかんじのつもりで、後半もり上がるようにされましたか?そこをちょっと聞きたいです。

 2曲目:本当に久しぶりにこの曲を聴きました。

 アコーディオンとギターの伴奏がステキでした。

 


京都うたごえ協議会からの連絡です

 チラシはこちらをクリックしてください(PDFファイル)  わたへい合唱団 2016.09案内  2016.09.13 うた新まつりチラシ  2016.10.02 「青山邦恵先生の発声講座チラシ」

*連絡内容*

(1)9/18いよいよ「わたへい合唱団」の練習が始まります。みなさんに連絡を入れ参加を呼び掛けて下さい。
 愛媛祭典で歌う人はもちろん、歌わない人もぜひ連帯普及の活動として歌いに来て下さい。特に沖縄への連帯「平和に生きる権利」は今を捉えた曲です。


「わたしの平和合唱団2016」(通称わたへい)が今年もいよいよ後半の活動に入りました。

 わたへいは、京都のうたごえがサークルの枠を超えてうたを届ける合同合唱団です。どなたでも参加できます。京都で開かれる様々な集会や企画での演奏、また11月の「日本のうたごえ祭典inえひめ」で一緒に歌おうと、練習会などを計画していきます。

 あなたの、わたしの平和の想いをこめて、ぜひご一緒に歌いましょう!

 

 

 

「わたへい合唱団2016 練習会日程」

練習会場は全て西陣文化センター

●練習参加費:1回 500円

 

①9月18日() 午後1時~5時

練習曲:♪この街で(四国・合同合同曲)

        ♪命の海、命の森、命の山々 ♪平和に生きる権利(大音楽会沖縄連帯曲)

         ♪ひとつぶの涙(福島連帯曲)+(青年と保育合同曲より)/指導:山本忠生

 

②10月10日(祝月) 午前10時~午後1時

      1011/「人間の歌」「俺たちのシルクロード」「翼よ高く輝け」(働く仲間ステージ曲)

1113/「この街で」「命の海、命の森、命の山々」「平和に生きる権利」「ひと粒の涙」    

                                                    指導:山本忠生 ほか

                                 ※引き続き同会場で「うた新まつり」です。

       

③10月22日() 午後6時~9時

11/3憲法集会曲「憲法九条五月晴れ」「あなたへの約束」「平和のバトン」

        「この街で」「命の海、命の森、命の山々」「平和に生きる権利」「ひと粒の涙」

                                                         指導:藤井幸枝

 

        ☆「日うた・えひめ」祭典の大音楽会舞台演奏のためには出演登録が必要です。最終9/30

     基本はサークル毎の登録ですが、個人の登録も可能です。不明な方は協議会へご相談下さい。

 

これからの演奏普及!

 

9月19日(月・祝)戦争法廃止全国一斉「19日行動」

京都市役所前広場 16:00~うたごえ宣伝 

♪「平和のバトン」「憲法九条五月晴れ」「沖縄 今こそ立ち上がろう」(沖縄歌集収録/美しき五月のパリ替え歌) 

   16:30集会 17:00デモ行進(四条河原町まで) 

  ☆毎月「19日行動」市役所前であります。月により時間は変わります

 

9月22日(木・祝)西陣文化フェステバル 午前10~午後430<西陣文化センター>

  15:00 「わたへい合唱団」の演奏ステージ

 曲目 ♪憲法九条五月晴れ ♪あなたへの約束~I Love Kempō ♪平和のバトン

 

11月3日(木・祝)憲法集会<円山野外音楽堂>

  曲目9/22と同じ

 

(2)9/19京都市役所前広場で、15:30~全国19行動に呼応して、歌って戦争法廃止を求めたいと思います。こちらもぜひご参加下さいね。

 


いざ愛媛に! 2016年京都府民音楽会で、巣立ちNO.1、あじさいコーラス、ともに推薦!!

 

  巣立ち紹介  ノーパサラン NO PASARAN  花をおくろう  

 

<その瞬間に飛び交った喜びのメール>

おめでとうございます。
推薦されました。
バス停に降りた所で忠やんから電話? Tさんから報告あったとのこと。
間違いないので、皆さん全国に行く準備をして下さい。
旅行のアンケートまだの方はFaxあればFaxを入れて下さい。
2-3日考えていただいて結構です。よろしくお願いします。

Kちゃん、Uさん愛媛旅行に行きませんか?
FツアーのアンケートをFaxしますが番号は?
教えて、よろしく。

やった!嬉しい知らせありがとう!うたごえを聞きながら祝杯を挙げます!

こんばんは。Iです。本当によかったですね。皆さんの日頃の地道な努力の結果に敬服しました。私は練習に十分参加できずご迷惑ばかりですが、足を引っ張ることなくほっとしてます。

やったね!多分大丈夫とは思っていたけど。ま、今だからいえるんだけど。

あじさいは優秀賞で推薦されました。また一緒の楽しい旅行になります。よろしく。

すごい!さすがアジサイ!

よかった、よかった! すごいなぁ! 忠やんのおかげや!

Kです。よかったです!いざ愛媛へ~楽しく行きましょう♪ あじさいも優秀賞、おめでとうございます♫

一曲目のノーパサランに感動し、2曲目を待たず、思わず拍手してしまいました。すごかった!


 


 6月12日に開かれた京都うたごえ協議会常任委員会は、参議院選挙にあたって、下記のアピールを採択しました。

参議院選挙にあたってのアピール


 「明日を決めるのは私たち!」  わたしたちは歌つています(「平和のバトン」)。

 憲法を壊し、民主主義を踏みにじってきた、安倍政治を許せない!国民の怒りは、戦争法廃止!の1,200万人をこえる署名、6.5全国統一行動では全国100か所をこえるとりくみと、国会前4万人集会などで現れています。市民連合、野党共闘がすすみ、歴史的な選択のチャンスが生まれています。

 7月10日、安倍政治に国民の審判を加える大切な日です。

 日本の政治を安倍首相の独裁から、国民の手に取り戻すために、しっかりした邁択と行動を!「未来を選ぶのは私たち!」     

京都うたごえ協議会常任委員会


今年のテーマ曲は ノーパサラン NO PASARAN

スペイン共産党の政治家ドロレス・イバルリがスペイン解放運動の際に行った演説の一部の台詞。
首都を守るセギスムンド・カサド大佐が反乱軍に降伏しようとするのに反対して、イバルリが『膝を屈して生きるよりは、脚で立って死のう! 奴らを通すな! 我らは通るぞ!』
 
この「奴らを通すな」=ノーパサラン(NO PASARAN)
 
フランコ反乱軍に対するラジオでの呼びかけ。『ノーパサラン(やつらを通すな)』がこれ以来抵抗運動の合言葉となる。
以来、世界各国から誰に頼まれたわけでもないのに、自発的に理想を求めて若者が義勇軍としてスペインに集まる。今から75年前位も前の話である。(「DAILY FREINET デイリーフレネ」より)

【作詞・作曲】カルロス・メヒア・ゴドイ CARLOS MEJIA GODOY
【訳詞】三浦 昭悦

いとしい人 泣かないで
小さな胸 ふるわせ
忍び寄る 戦争(いくさ)の影に
怯える あどけない瞳よ
この大地に 我ら誓う
新しい君たちの未来を
空を飛ぶ 小鳥たち
限りない 青い空
自由と 平和のため
我らは 闘う

※ノー パサラン
 戦争を通しはしない
 新しい時代と 君たちの祖国のため
 我ら闘う 勝利まで
 ノー ノー パサラン
※(くりかえし)

いとしい人 立ち上がろう
小さな力 合わせて
忍び寄る 戦争(いくさ)の影を
私は 打ち払い君まもる
この大地に 我ら誓う
奴らを通しはしないと
立ち上がれ 仲間たち
手と手を 取り合って
子供の みらいのため
我らは 闘う

※ノー パサラン
 戦争を通しはしない
 新しい時代と 君たちの祖国のため
 我ら闘う 勝利まで
 ノー ノー パサラン
※(くりかえし)


志位和夫委員長「地底(ぢぞこ)」をうたう

 2011年6月21日の第5回「綱領教室」で、日本の情勢を明らかにした綱領第2章6節の講義は、志位和夫委員長の「地底(ぢぞこ)のうた」(荒木栄作詞・作曲)で幕を開けました。日本共産党の前の綱領と同じ1961年に作られ、指名解雇をめぐって国民的な大闘争となった三井三池闘争を歌った労働歌です。「大好きな歌」と志位さん。若い人たちは聞き入り、声を合わせる年配者もいました。


みなさん、ありがとうございました 無事7周年を迎えることができました

巣立ちNO.1 歌って7年 みんなでつくる ミニコンサート

2016.04.09 sat. open13:30~ @京都府庁福利厚生センター3階

結果詳細はここをクリックして下さい。 チラシはここをクリック


戦争法(安保法制)は、日本国憲法に真っ向から背く違憲立法です。

安倍自公政権を退場させ、立憲主義・民主主義・平和主義を貫く新しい政治をつくりましょう。


      戦争法強行に怒りをもって抗議する。憲法違反の法は廃止を!

                                                      2015年9月20日   

  安保法=戦争法は、9月19日深夜、参議院本会議で安倍政権与党等による多数で強行された。
  前代未聞の幅の延長国会を行い、手続きもないまま「採決」を装い、審議は衆議院・参議院とも答弁不能・中断を繰り返し、立法事実も、法案の整合性も欠陥だらけのまま、法案成立を強行した安倍政権と与党議員らに、満身の怒りをもって抗議する。

 国民大多数の反対の声にも耳を貸さず、圧倒的多数の憲法学者、元内閣法制局長、元最高裁判所長官が「憲法違反だ」と断じた戦争法を、国会のルールさえ乱暴に踏みにじって強行したことは、憲政史上最悪の言語道断の暴挙であり、自民・公明両党が国会でどれだけ多数を持っていても、憲法違反の法律をつくることは許されない。

 「戦争する国」への条件整備は、国家による地方自治体の統制と地方自治の破壊につながり、地方自治の平和的、民主的発展の根幹を揺るがすものであり、断じて認めることはできない。

  憲法の平和主義も、立憲主義も、民主主義も破壊する法律は、存続そのものが許されない。憲法違反の安保法=戦争法はただちに廃止を求める。

                                                                          以上